自分の車は事故歴があり、

ユージェヌ   2016-09-06   自分の車は事故歴があり、 はコメントを受け付けていません。
誰もが名前を知っている外国製の車でも、国産車の販売

自分の車は事故歴があり、歪んだフレームを直してもらったので、つまり修理歴が有るということになります。

とはいえ、相当注意して見ないと修理の痕跡はわかりません。

車の買取依頼にあたって修理歴は言わなければならないのでしょうか。後になって減額請求などと言われても気分が悪いですし、まして裁判など起こされたら只事では済みません。

そうしたリスクを抱え込んでしまうと思うと、やはり正直に修理歴を報告した方がいいと思いました。

買い取り業者による実車査定の際メーカーや車種だけでなく、車検証を見て、そこに書かれた年式、グレード、ボディカラーの確認をするのも当たり前のこととなっています。

これに加えて、申し分なく動くかどうかの動作チェック、少々複雑なエンジンルームの点検も入念に行われるのが当然のことですし、あれこれ含めると、車の査定には15分から30分くらいはかかるのが普通であるようです。

二重査定制度は中古車を取扱う業者にとっては好都合な制度ですが、利用者においては非常に不利な制度です。悪質業者に至ると、二重査定という制度を巧みに使って、ずいぶん査定額を下げてくることもあります。二重査定制度で発生する問題を防ぐためにも、契約時には事前に契約書をきちんと確認すること、査定の際に車の状態を明確に伝えることが大事です。